Read Article

お月見の由来!どうしてだんごを食べるの?子供に教えよう!

お月見ってなんだろう?

日本に古来から伝わる「お月見」・・

お月見の由来

「お月見」と言えば、十五夜にまん丸のお月さまを眺めながらお団子を食べて、すすきを飾ります。月ではウサギたちがおもちの入った臼をトントンと叩いていて…

そんなイメージがありますが、お月見は何のためにやるものなんでしょうか?

十五夜、お月さまにお供えしたお団子をむしゃむしゃ食べる。という以外に何かルールみたいなものはあるのでしょうか?

 
小さい時から、誰もが当たり前に経験する行事です。
もちろん、わたし自身も子供時代、学校や児童館でお供えをし、家では空き地に生えていたすすきを少しだけ持ち帰りお団子をねだったりしました。

でも、お月見の「なんだろう?」部分は知らないまますっかり大人になってしまったのです。

 
そこで!
今回は「お月見」についてリサーチしていきたいと思います。

「お月見ってなんだろう?」の「なんだろう?」部分を理解すれば、きっとこれからのお月見をさらに楽しめ、家族や友達にちょっとしたウンチクを披露したりもできるかもしれません。

 

「お月見」の由来は?どうしてお団子を食べるの?

月見だんご

お月見は、もともと旧暦の8月15日の十五夜(仲秋の名月)に行っていました(今の暦でいうと9月中旬から10月初頭にあたります)

 
台風や長雨、天候の崩れが多い秋の始まりを越え、秋も中頃に近づくと、空はすっかり晴れ当たり空気が澄み、夜は月が奇麗に見える時期となります。

 
古代の中国ではそれを「月見」として祝っていました。
それを平安時代の貴族が取り入れ、それが、さらに庶民にまで伝わり伝え伝わるうちに「収穫を感謝する行事」と形を変え、現在まで残っているのです。 
 
「お月見」でわたしたちが供える「月見だんご」や「すすき」「収穫した野菜やくだもの」は秋の収穫物の表現であり、豊富な収穫の年になったことを感謝するためのものだったのです。

「だんご」はお米から作りますから、収穫されたお米ということですね。

 
「花より団子!!」食欲の秋についつい食べ過ぎてしまう「月見だんご」ですが、これからは感謝の意を唱えながら食べたいと思います(笑)

感謝すれば食べてもいいですよね?(≧∇≦)

 

お月見には どうして「すすき」を供えるの?

「すすき」は金色で、先がふさふさしていて何処かで見たことのある姿をしていますよね。

 
リサーチしてみてついつい「なるほど!」と感心してしまったのですが、「すすき」は月の神様を招くよりしろとして供えられている そうです。

 
本来、月の神様を招くよりしろは「稲穂」を指すのですが、お月見の時期にはすでに米の収穫時期が終わっていて「稲穂」が手に入りませんでした。これで先人たちは思いついたのです。

そうだ!
「稲穂」と「すすき」ってそっくりじゃん!!Σ( ̄□ ̄;)

稲穂

そして、見た目がそっくりな「すすき」は、
稲穂の代役としてすっかり「お月見」に定着したのでした。

また、古くから魔よけに効果があると考えられていた「すすき」は、
元代役にも関わらず、代役以上の役割を果たしているのです。

今年のお月見はいつごろなの?

さて、ここで一番気になる2016年の十五夜(仲秋の名月)はいつなのか調べてみました。

今年は こちら!
 ↓  ↓  ↓  
2016年9月15日(木) 

「満月」でウサギがおもちをペタペタついて…というイメージが強い「お月見」ですが、残念ながらお月見が行われる十五夜(仲秋の名月)が満月になるわけではなく、今年の満月は2016年9月17日と言われています。

まん丸のお月さま…とはいかないけれど、少し欠けたお月さまを見ながら「今年の十五夜は満月じゃないんだよ、二日後が満月になるんだよ」と家族や友人に豆知識を披露してみてください!

きっと感心されちゃいますよ。\(^▽^)/

以上が、『お月見』の気になる情報でした。
少し早いですが、去年よりももっと「お月見」を楽しめそうな気がしてきました。

 
ハロウィンやクリスマスのように派手な行事ではありませんが、古来から伝わる大切な行事。
毎日なんとなく食べている作物に感謝をこめて、今年の「お月見」は少し違った気持ちで月を眺めたいと思います。

参考になれば嬉しいです♪

 

Return Top