Read Article

紫外線で目が痛いけど・・サングラス以外でケアする方法ってあるの?

うだるような夏の暑さ。

子どもの頃から冬は冬眠しているかのように動かない私ですが、夏は陽射しの中を駆け回って遊んでいました。

真っ黒に日焼けした子どもは元気な子ども!という定義のようなものがありました。紫外線なんて気にした事も、注意された事もありませんでしたよ。

 
今では天気予報に紫外線情報まで出ていますがね。
夏は連日のように『非常に強い』と警報のように表示されていますね。

おばさんになった今は、さすがに日焼け対策をするようになりましたが・・段々と紫外線のせいで目が痛いという症状が出るようになってきました。

紫外線で目が痛くなるのを予防する為に、真っ先に思い付くのがサングラスではないでしょうか?

ですが・・私には【サングラス=都会・芸能人】という勝手なイメージがあって、田舎のあぜ道でサングラスをかける勇気が出てきません(;^ω^)

でも何で、紫外線で目が痛くなるのだろう?
田舎のあぜ道でも違和感のないサングラスや、他にケアできる方法ってあるのでしょうか?

目立つのは嫌だけど、、眩しいのを何とかしたい・・
ということで、紫外線から目を守る方法を探してみましたよ!

 
スポンサードリンク

紫外線で目が痛い原因とは?

人間の体の中で、唯一体内で守られず外部にさらされているのが目なのです。

確かに、眼球が体内に入っていると何も見ることができませんよね。しかし、そのせいでダメージも直に受けてしまいます。

ですから異物が入った時などは、まばたきと涙で外に出そうとしたりと自己防衛をします。ただ紫外線だけは光と同じように捉えられるので、無条件で目に入ってきてしまいます。

だからといって、目は常に涙で覆われて保護されているので紫外線が入ってきたからといって直ちに目が痛くなるわけではありません。

長期間、非常に強い紫外線を浴び続ける事によって涙の分泌量が減り、保護が弱くなってしまいます。保護が弱くなると角膜上皮が剥がれ、角膜がどんどん傷付いていきます。

その状態で、さらに紫外線を浴び続ける事で炎症を起こして、目が痛くなるのです。

また充血を伴う事もあるでしょう。

紫外線で目が痛いのは日焼けによるものなので、2~3日で治まってくるのがほとんどですが目をこすったりしてついた傷口から細菌が入って、病気に感染する事も ありますので充分に気を付けましょう。

紫外線から目を守るにはどうすればいいのか?

紫外線から目を守る方法・・

食生活で気を付けたいこと

目の免疫力・保護力をあげる栄養素が多く含まれる食材を使った料理を積極的に食べるようにしましょう。

ビタミンA
レバー・ニンジン・卵・春菊・うなぎの蒲焼などに多く含まれています。ビタミンAは角膜や網膜の細胞を保護する働きをします。

ビタミンB2
レバー・いかなご・うなぎの肝・うずら卵・チーズなどですね。目の充血を抑える働きをしてくれます。

ビタミンB6
にんにく・まぐろ・レバー・かつお・酒粕などに多く含まれていて、目の炎症を抑えてくれます。

 
スポンサードリンク

体の外から気を付けたいこと

帽子を利用する
キャップタイプではなく、つばの広い帽子を被りましょう。
つばが広いと顔の半分ぐらいまで日陰を作ってくれますから、目を紫外線から守ってくれるでしょう。

日傘を利用する
UVカットの生地でできた日傘を、できれば帽子と併用しましょう。
最近は男性用の日傘もあって、使っている男性も目にするようになりました。それだけ効果があるって事ですよね。

サングラスを利用する
私が最初に思い付くサングラスは真っ黒なレンズのものでした、しかし、紫外線対策には黒いレンズは逆効果だったのです。

視界が暗くなると目は光を求めて瞳孔が大きく開いてしまうので、余計にたくさんの紫外線を目に入れる事になってしまいます。

紫外線透過率が1%以下のUVカット加工レンズで、色の薄いサングラスが最適です。これなら田舎でも合いそう♪

素敵なサングラスを3つ紹介したいと思います。

メラニンレンズ&リーディンググラス/ディズニー

サングラスっていう感じがしない自然なフォルムなので、年齢問わず抵抗なくかける事ができるのではないでしょうか?

鯖江製サングラス/StyleNote

眼鏡と言えば鯖江ですよね。
ちょっと都会派なイメージのサングラスですが華美すぎないので、たまにお洒落した日にはかけてみたいですね。

ラウンドフレームグラス/TAKEO KIKUCHI

流行りのラウンドフレームなので似合う・似合わないがあるかもしれませんが、強調しすぎないフレームデザインが、とても気に入りました♪

紫外線で目が痛い時の対処法

サングラスなどをかけたり気を付けていたつもりでも、うっかり紫外線を浴びて目が痛くなってします時もありますよね。そんな時はどうすればいいのか?

目を冷やしましょう
いちばんのお薦めはコレですね。

氷水で濡らし、固く絞ったタオルを目の上に10~15分ぐらい乗せて冷やします。
途中でタオルがぬるくなったら、冷やし直しましょう。
簡単にできて、効果も早く感じるのでいいですよ!

目を休めましょう
開いているだけで、目は何かと働いています。
まして紫外線で目が痛い時などのダメージはかなり大きいものです。

そんな時は目を閉じて、体ごとゆっくりと休めてあげましょう。

病院へ
紫外線で目が痛くなって3~4日経っても痛みや充血がひかない時は、できるだけ早く病院で診てもらいましょう。

さいごに

いつから、こんなに紫外線が人体に与える影響について情報が溢れ出してきたのか覚えていませんが、子どもの頃は無防備すぎたなぁと今更ながら思います。

紫外線での目の痛みはシパシパして目が開けにくくなるので、日常生活でも不便を感じることがあります。

ですが帽子や日傘、サングラスをするようになってから、陽射しの中でも目に感じていた刺激を感じなくなり、痛みも起こらなくなりました。

目は大事な器官ですので、しっかりと守っていきたいですね!
参考になれば嬉しいです^^

日焼け・美白についての関連記事を紹介!

 
スポンサードリンク

Return Top