Read Article

お中元を贈る時期って地域でどんな違いがあるの?ちょっと混乱してしまったので・・

実は私、社会人・主婦になって20年以上にもなるのですが・・お中元などの時期が苦手なのです。

スーパーやデパートなどにお中元の商品が並び始めて、やっと「あ~そろそろお中元の時期か」と思うぐらいで、いつからいつまでに贈ればいいのかをハッキリ知りません。

今までは何となくの時期に贈ってきたのですが、引っ越し先で「?」という事が起こりました。お中元を贈る時期が、前に住んでいた地域と微妙に違うのです。

てっきりお中元の時期などは全国共通だと思い込んでいたので・・。

新社会人ならご愛敬で許されるかもしれませんが、こんなオバサンで「え~わかんなぁい」なんて許されるはずがありませんよね!

今までうやむやに誤魔化してきましたが、これからは胸を張ってお中元を贈りたいので、お中元を贈る時期で地域の違いを調べてみました。

みなさんも参考にしてみて下さい。

 
スポンサードリンク

お中元を贈る時期:地域別

調べてよかった!ほとんどの地域は7月15日~8月15日だったのですが、微妙どころか全く違う地域もありました。

北海道

7月15~8月15日
旧盆の時期に合わせた、この時期が一般的なお中元を贈る時期となっています。
8月16日以降はお中元ではなく、残暑見舞いとなりますので余裕を持って8月初旬には届くようにした方がいいでしょう。

東北地方

7月1日~7月15日
お中元を贈る期間が短いので気を付けましょう。
7月16日以降は残暑見舞いとなりますので、他の地域と混乱しないように気を付けましょう。

北陸・甲信越地方

7月1日~7月15日
東北地方と同じになります。ですから配達業者にもお中元の荷物が集中してしまうので、配送が送れる事も想定しておかなければいけません。

余裕を持って早めに手配をしておいた方がいいでしょう。

関東地方

6月下旬~7月15日
関東も元々は7月1日からだったのですが、配送業者の集中を避ける為に人口の多い関東は6月下旬と早まっていったと考えられています。

中部地方

7月15日~8月15日

関西地方

7月15日~8月15日

中国地方

7月15日~8月15日

四国地方

7月15日~8月15日
中部・関西・中国・四国地方は旧盆に合わせた時期になっています。
しかし最近では、関東に合わせて少しずつ贈り始める時期が早まっているようです。

8月16日以降は残暑見舞いとなりますので、注意しましょう。

九州地方

8月初旬~8月15日
最近では7月下旬から届き始める所も多いようです。やはり関東に合わせて早まっているようですね。
しかし上司や目上の人にお中元を贈る場合は、正式な時期に贈る方がいいですね。

沖縄地方

7月初旬~7月15日(旧暦)
沖縄の場合は旧暦の7月15日までとなっていますので、年によって時期が変わります。
その年の旧暦7月15日はいつになるのかを確認しましょう。

大きな地域別でお中元の贈る時期を紹介させていただきましたが、厳密にいうともっと細かい地域(町内・集落など)で時期が異なる事もあります。残念ながら、そこまで調べる事はできませんでした。

色々と決まりがある地域に引っ越した人で気になる人は、細かい情報はコミュニケーションを図る目的も含めて、近所の人などに聞いてみて下さい。

 
スポンサードリンク

お中元は誰に贈ればいいの?

これ!本当に今でも悩みます。お世話になっている人といえばそうなのですが、どこまで?という線引きが難しくありませんか?そんな時は下記を参考にしてみて下さい。

別世帯の両親
社会人になっても、独身で両親と同居しているなら贈らなくてもいいでしょう。しかし結婚をして別世帯になったら、同居・別居に関わらずにお中元を贈りましょう。

近い親戚
何年かに1回の法事ぐらいしか会わない親戚は考えなくていいでしょう。近所に住んでいる・何かとお世話になっている親戚には、社会人になった証としてお中元を贈る方がいいと思いますよ。

恩師
学校・習い事などで人生に関わる恩師がいれば、感謝の気持ちを込めてお中元を贈りましょう。

仲人
今は仲人をたてる夫婦が少なくなっているようですが、媒酌人・婚姻の保証人など結婚に関してお世話になった人には、必ずお中元を贈るようにして下さい。

勤務先の上司
直属の上司にお中元を贈るのは当たり前ですが、接点の少ない部長や課長などは悩みますよね。そんな時は先輩に相談して、同僚と合わせた方が無難でしょう。自分だけ贈る・自分だけ贈らなかったというのも気まずいですからね。

重要な取引先
 仕事上での重要な取引先にはお中元を贈るのを忘れてはいけません。取引先の個人担当者宛てに贈るのではなく、会社宛てとして贈りましょう。

ちなみに お中元を贈ってはいけない人もいます。それは・・

▪政治家
▪公立の学校教師
▪公務員

です。親しくしていると、ついうっかり贈ってしまいそうになりますが、大問題になりかねませんので気を付けましょう。

マナーなど注意点

続いて、お中元を贈る時のマナーについてです^^

お中元を渡す方法

昔は、お中元などはお宅に訪問して手渡しが原則でしたが、今の時代は宅配便で贈っても失礼にあたりません。

上司側からしても、訪問されるのも気を遣うので遠慮して欲しいという意見も多いようですからね。

お中元の渡し方

それでも風習として手渡しが良しとされている所もあるでしょう。

その場合は、事前に訪問日時を伝えて相手の都合に合わせるようにしましょう。間違っても食事時間と重ならないように、充分注意して下さい。

お中元の品には水引が5本か7本で紅白の蝶結びの外熨斗をかけて、上段には『お中元』下段には会社名か名前を書きます。名前はフルネームで書きましょう。

相手に渡す際には感謝に言葉を添えながら渡しましょう。もちろん風呂敷や紙袋からは必ず出して渡して下さいね。

またお中元の品について話す時は「つまらないものですが」「御口汚しではございますが」は避けた方がいいです。「近所で美味しいと評判ですので」などポジティブな言葉の方が喜ばれるようです。

宅配便の場合

お中元の品が届く少し前か、お中元の品に同封するかして必ず挨拶状は送りましょう
季節の挨拶から始まり、感謝の気持ちを伝える言葉などを書くといいでしょう。

そして宅配便の場合は、他の荷物と重なって熨斗が破れてはいけませんので内熨斗にして下さい。

当たり前ですがお中元を贈る時期は、あなたが住んでいる地域で考えるのではなく、贈る相手が住んでいる地域で考えて下さいね。

今年からは私も悩まずに済みそうです♪

 
スポンサードリンク

Return Top