Read Article

男の子の名前ランキング!今どきの人気ネームはこれ!

男の子の名前ランキング ※五郎丸選手はお名前ではありませんw

毎日大きくなってくるお腹を撫でながら、会える日を心待ちにする日々。
私にはもうずいぶん前の話ですが・・それでも今でも鮮明に思い出します。

そろそろ名前を考え始めようとした時期が長男:妊娠5ヶ月頃・次男:妊娠8ヶ月頃・長女:臨月後半・・何だかいい加減な性格がバレバレですね(;’∀’)

ですが3人ともエコー写真の顔を見ながら、
名付けの本を読んだり流行りの名前を調べたりしましたよ!

 
そこで今回は男の子の名前ランキングなどをご紹介します♪

 
スポンサードリンク

男の子の名前ランキング

実際に名付けられた名前ランキング

1位  悠真(ゆうま)       11位  颯太(そうた)
2位  湊 (みなと)       12位  陽太(ようた)
3位  蓮 (れん)        12位  悠希(ゆうき)
4位  陽向(ひなた)       14位  陸 (りく)
5位  大和(やまと)       15位  悠斗(ゆうと)
6位  悠人(ゆうと)       16位  結翔(ゆいと)
7位  大翔(ひろと)       17位  陽斗(はると)
8位  颯真(そうま)       17位  翔 (しょう)
9位  陽翔(はると)       17位  樹 (いつき)
10位  朝陽(あさひ)       20位  晴翔(はると)

*株式会社ベネッセコーポレーション調べ

検索された名前ランキング

1位  かなた           11位  そら
2位  ぴかちゅう         12位  あさひ
3位  りく            13位  あきと
4位  かいと           14位  あおい
5位  はると           15位  みなと
6位  ひなた           16位  いぶき
7位  とうま           17位  るい
8位  いつき           18位  ひろと
9位  れお            19位  ゆうと
10位  はる            20位  はるき

*ランキングサイト調べ

いかがですか?
ピンとくる名前はありましたでしょうか?

個人的にはキラキラネームとかDQNネームと感じるような名前は、実際に付けられるのは少ないのかなぁと感じました。

検索ランキングの2位『ぴかちゅう』は急上昇のようなので、ゲーム『ポケモンGO』の影響なのかとも思いますが、ぴかちゅう(光宙)という名前の人は実在しますからね(*’▽’)

また、今回は掲載していませんが検索ランキング37位に『がんばろう』という名前も私にはちょっとビックリでしたが、現代ではそんなに珍しくなく個性なのでしょうね。

ちなみに、女の子の名前はこちら^^
女の子の名前ランキング!人気なのはコレ!

 
スポンサードリンク

人気の名前の移り変わり

私の息子の名前は2人とも『哉(や)』で終わるのですが、ちょうど『也(や)』が主役の座を奪われた時期だったと思います。

たしかSMAPの木村拓哉さんの影響だったような。

いつの時代も流行りの名前・漢字ってあるようですね。
ここでちょっと、人気の名前の移り変わりなどを見ていきましょう。

大正時代

元号に因んだ名前が毎年1位になっているのですが、
なかなか単純でGOODだとすごく思いました。

大正元年→『正一』・大正2年→『正二』・大正3年→『正三』が1位だったそうです。
時代の背景が感じられて、私は思わず微笑んでしまいましたね(*^-^*)

また漢字としては『清』が圧倒的人気を誇っていたようです。
正清・清正は大正時代では無敵だったのでしょうね。

昭和初期(戦前)

大正時代と同じように元号に因んだ名前は人気だったようです。
昭和2年→『昭二』・昭和3年→『昭三』が1位でした。

12月25に元号が変わり、
昭和元年は7日間しかなかったので『昭一』はランク外だったのですね。

戦時中

日中戦争・太平洋戦争と続けざまに起きた戦時中は、やはり時代背景なのでしょう『勇』・『勝』がダントツのトップ2でした。
大きく離されてはいましたが『勲』・『功』も圧倒的な人気でした。

昭和中期

戦後を迎えてからは、勤勉な日本人らしい『博』が急浮上してきます。
また当時の首相が吉田茂さんだったことから『茂』が2位にランクインしています。

またテレビや映画も普及してきた頃から、映画の題名に因んだ名前も出てきました。
当時、愛と誠という映画がヒットしたそうで『誠』が『清』に代わる漢字となったようです。

昭和後期

後期に入った頃からしばらくトップの座を守り続けたのは『大輔』でした。
荒木大輔君という高校野球選手が甲子園で活躍したのも大きな影響があったようです。

そしてこの頃から、『和也』・『健太』など止め字が使われるようになって名前の多様化が始まっていきました。

ごく最近の傾向

男の子の名前

近代的な現代のいま、ここにきて古風な名前が見直されています。

見直されているといっても、平成生まれの人がこれから親になるのだから古風な名前の方が新鮮なのかもしれませんね。

『凛太郎』・『龍之介』・『聡一郎』などのように○太郎・○之介・○一郎が注目を集めているようです。

またジワジワとランクインを狙っているのが戦国武将らしい名前です。
『幸村』・『政宗』・『高虎』など文武に猛けたようなイメージの名前が人気ですね。

さいごに

娘が通っている幼稚園では連絡網が作られるのですが、息子の時(長男と長女は13歳差)名前の傾向が全く違いますね。

読み方だけでは男の子か女の子か解らなかったり(あおい・まことなど)、○○ちゃんと読みで聞いていたけど、漢字を見てもすぐに一致せず「なるほど、この漢字で○○と読むのか!」と感心したり・・。

 
名前は親から子供への初めてで、一生使われる大事な大事なプレゼントです。
どんな子になって欲しいか、どんな大人になって欲しいかなどを家族で話し合ってプレゼントしてあげて下さいね(^^♪

 
スポンサードリンク

Return Top