Read Article

夏バテの食事はどんな栄養素を取ればいいの?

大好きな夏がやってくる!ギラギラ照り付ける太陽、灼けるような暑さが大好きな私です。

色んなところで、色んな人に「夏大好き!」とアピールしては「どうして?変わっているね・・」と言われています。いいじゃない、好きなんだから!意味なんてないのだ!と強気に主張していますが・・

実は・・こんなに大好きとか言いながら、毎年夏バテしています(^▽^;)

きっと周りの人は、これだけ夏大好きオバサンなんだから「元気に夏を過ごしているのだろうなぁ」と思っていることでしょう。

すみません、毎年夏バテしていますm(__)m

それでも若い頃は夏バテしながらでも、体力があったので何とかなっていました。しかし年齢を重ねて真のオバサンになってからは、少しの夏バテも体にこたえるようになりました。

ただでさえ、量も食べられなくなってきているのに食欲すら湧かないし・・そんな夏バテ時の食事では、どんな栄養素を摂れば元気になれるのか?と思い、調べてみました。

もうオバサンの私は何でもかんでも食べられないので、夏バテ時の食事で効率よく必要な栄養素を摂りたいのです!

 
スポンサードリンク

夏バテの食事におすすめの栄養素とは?

夏バテしている時は本当に食欲が減退してしまいますよね。
量が食べられないのなら、質で勝負です!

夏バテの食事におすすめの栄養素をしっかり摂って、夏バテに勝ちましょう♪

クエン酸

クエン酸は体内の乳酸を活力に変える働きがあります。疲労した筋肉などには乳酸が溜まっていると言われていますよね。

本来、この乳酸は活力の源なのですが、夏バテなどのせいで上手く機能せずに溜まってしまいます。クエン酸の力で乳酸の本来の働きを取り戻せるのです。

お酢・レモン・梅干し・グレープフルーツなど

タンパク質

人が生きていく上で、重要な栄養素のひとつがタンパク質となります。
血液や筋肉などを生成するのに、主役的な役割をしています。

肉・魚・乳製品・大豆製品・卵など

ビタミンA

ビタミンAは免疫力・病原菌への抵抗力を高める働きをします。
夏バテ時は免疫力が極端に落ちるので、しっかりと摂りたい栄養素ですね。

レバー・うなぎ・うなぎの肝・ニンジン・カボチャなど

ビタミンB1

糖質を活力に変えてくれるのがビタミンB1なのです。
疲労回復に対して大きな効果があるので、夏バテ時のお助け栄養素となります。

豚肉・うなぎ・かつお・玄米・大豆・ごまなど

ビタミンC

健康な体つくりの為に必要な鉄分・ミネラル・カルシウムを、体内に吸収するために不可欠な栄養素となります。

赤ピーマン・黄ピーマン・ゆず皮・アセロラジュースなど

アリシン

にんにくなどの独特な臭いの成分がアリシンで、疲労回復の効果が絶大です。
ビタミンB1の吸収も促進してくれるので、夏バテ時には欠かせない栄養素となります。

にんにく・玉ねぎ・にら・エシャロット・らっきょうなど

ミネラル

夏は嫌でも汗をかきますよね。ご存知だとは思いますが、汗は水分だけが流れ出る訳ではありません。

ナトリウム・マグネシウム・カリウムなどのミネラルも一緒に流れ出ているので、放っておくと目まいなどを引き起こします。夏バテにはミネラルは必須ですね。

海藻類・きのこ類・ほうれん草・納豆・魚介類など

香辛料

栄養素とは少し異なりますが香辛料の香りを嗅ぐだけでも、刺激で胃腸が活発に働き始めます。食欲が湧かない時に、香辛料は食欲増進の働きをしてくれます。

唐辛子・わさび・からし・胡椒・山椒・にんにくなど

 
スポンサードリンク

夏バテ時の食事で注意すること

私も夏バテになると素麺や冷やし中華(具少な目)など喉越しのいいものばかりを、何とか胃に流し込んでいる状態です。ひどい時は、エナジードリンクやゼリーだけで済ましてしまいます。

少しでも胃に何か入れておけばいいだろうと思っての事なのですが、これが夏バテを加速させる要因になっていたのですね。

水分ばかりを摂っていては胃液が薄まって消化機能が低下しますし、素麺などばかりでは栄養が偏ります。これでは暑さに負けない丈夫な体を作れる訳がないですよね。

ですから前章で紹介した夏バテ時の食事におすすめの栄養素を積極的に摂り入れて欲しいのですが・・夏バテに効果があるからと、ひとつ、ふたつの栄養素ばかりを摂ってもダメですよ!

全ての栄養素には相乗効果などがあり、単体の栄養素だけでは大した効果は得られません。

あくまでもバランスのいい食事を心がけましょう。
少量しか食べられなくてもバランスの取れた食事を続けていれば、徐々にでも体調は回復してきます。

また、食事だけでなく水分補給も忘れずにして下さい。

スポーツドリンクや経口補水液だと汗で失ったミネラルなども補えるのでおすすめですが、飲み過ぎはスポーツドリンクだと糖分・経口補水液だと塩分の過剰摂取に繋がりますので、必ず適量を守るようにしましょう。

その他 夏バテについて

そもそも夏バテとはなんなのでしょう?

日本の夏は高温多湿と言われていますよね。カラッとした感じがなく、じめっとした暑さが体にまとわりつくような・・いちばん体力を消耗する気候なのです。

何かをしていても、していなくても体力が消耗されるので体が不調をきたしていくのですね。これが『夏バテ』です。

食欲が減退 → 熱帯夜で寝不足 → 疲労が蓄積 → 更に食欲が減退・・という悪循環・・。

適度な運動習慣がある人は夏バテになりにくいという研究結果があります。
本格的に夏が始める前から、バランスの取れた食事・適度な運動など生活習慣を見直す事も必要ですね。

夏の代表的な一品である冷奴にオクラ・山芋のネバネバをかけて食べるなど、工夫はたくさんできそうですよね。

大した手間もかけずに豪華そうに見せるのは得意なので、夏バテ時の食事では必要な栄養素を上手く取り入れて、適度に手抜きしようっと♪

 
スポンサードリンク

Return Top