Read Article

唇が日焼けした時の治し方はこれ!ぷるぷる感を取り戻そう~

女性は日焼けが気になりますよね。

夏や陽射しが強い日に出掛ける時は、日焼け止め・長袖の上着・帽子・日傘・サングラスなどは必須アイテムです!

ですが忘れがちなのが唇!!

肌のように黒くなったりしないので、日焼けしている最中でも気付きにくいのが難点。夜、または翌日になってから唇がヒリヒリして「何で?」と疑問に感じる・・。

唇だって日焼けするのです!とにかくヒリヒリを治したい。
そんな時に役立つ、唇の日焼けの治し方や予防法などを紹介していきましょう!

 
スポンサードリンク

唇が日焼けした時の治し方

唇の日焼けの治し方は難しいものではありません。

唇を冷やす

日焼けというのは火傷なので、まずは冷やす事が大事です。
冷水(水道水などの流水でもOK)で、しっかりと冷やします。

その後、氷水が入ったビニール袋をタオルで巻いて唇に当てます。
10~20分は冷やして下さい。

唇パックで保湿

日焼けで失った水分や油分を充分に補います。
今は面白かわいいイラストが描かれたような唇パックも市販されていますが、自宅にある物でも簡単にできます。

唇に保湿剤(ワセリン・オリーブオイル・スクワランオイル・ホホバオイル・ニベアなど)をたっぷりと塗り、唇より少し大きめに切ったサランラップで覆います。

そのまま10~15分放置して、サランラップを外した後は再度、保湿剤を塗りましょう。

この唇パックは紫外線でダメージを受けた皮膚細胞が、新しいものに生まれ変わるターンオーバーの周期である1~2週間は毎日続けましょう。

そして外出する際は口紅を止めて、UVカット効果の高いリップクリームにしましょう。

ここでチョット唇の日焼けの症状を・・チェック!

① 唇がカサカサになる
② 唇がヒリヒリ痛む
③ 唇の皮がむける
④ 唇が腫れる
⑤ 唇に水ぶくれができる

症状の①~③は上記の唇の日焼けの治し方で処置すれば、充分に効果は得られると思います。

ですが④・⑤まで症状が悪化しているなら、病院での処置が必要になりますので皮膚科での受診をして下さい。

また⑤の水ぶくれですが『水ぶくれは潰した方が早く治る』という言葉をよく耳にします(昔の人ほど多いような・・)。が、違います。

水ぶくれは決して潰したりする事なく、そのままの状態で病院へ行って下さいね。

 
スポンサードリンク

唇を日焼けから守る方法

意外と見落としがちな唇の日焼け対策ですが、ぷるぷるの唇を目指すなら、やっぱり予防が大切ですね^^

予防法

≪リップクリーム≫
無難と言えば無難ですが、大事です!
ただ、リップクリームも何でもいいという訳ではありませんよ。

UVカット効果の高いリップクリームを選んで下さいね。
帽子or日傘&リップクリームはもう必須です。

≪マスク≫
唇全体を覆うので、TPOをしっかり踏まえた上でならマスクもアリですね。
これもUVカット効果があるマスクでないと意味がありませんので注意して下さい。

唇が日焼けしている時にしてはいけない事

≪皮をめくる≫
カサカサして皮がめくれ掛けている時、皮をめくりたくてウズウズしてしまう私ですがNGです。

無理にめくると新皮まで傷つけたり、一緒にめくってしまったりするのでグッと堪えましょう。

≪口紅を塗る≫
メーカーによって口紅の成分に違いはありますが、日焼けしている唇に口紅は刺激が強すぎます。

また口紅の油分の影響で紫外線を通しやすくするので、予防のつもりでも逆効果になってしまします。

≪刺激のある食べ物を食べる≫
辛味や酸味など、唇に刺激を与えるような食べ物は、唇のターンオーバーを遅らせ、治療の妨げとなります。

私も唇を日焼けしている時に、ついうっかりレモンを食べてしまった事があるのですが・・強烈な刺激を受けますよ!

身悶えするとはこういう事かと実感しました(;´Д`)

 

さいごに

唇って本当に無防備だと思いません?

ですがしっかりと予防し、唇が日焼けしてしまった時は適切な治し方で対処しないと唇の黒ずみの原因にもなりかねません。

何歳になってもかわいいピンクのぷるぷる艶々唇でいる為に、唇のガードも忘れずに!

日焼け・美白についての関連記事を紹介!

美白注射の効果とは?本当に肌は色白になるの?!

 
スポンサードリンク

Return Top