Read Article

口内炎の治し方!即効性のある方法をチェック

気付けば大きくなっている口内炎

口内炎の治し方

もう何を口にしても痛い・・。
ピークの時は何もしていなくてもズキズキ痛むし、本当に辛いですよね。

 
下唇の裏に最大級の口内炎が出来た時、口を閉じる事さえ出来なくて涎がダラダラ出て恥ずかしい思いをした事もあります。

そんな憎き口内炎の治し方、それも即効性のあるものはないのでしょうか?
いや絶対あるはずです!

早速、調べていきましょう。

 
スポンサードリンク

口内炎の治し方で即効性のある方法とは?

方法としては、

  • 口内炎に塗って治す方法
  • 飲む・食べて治す方法
  • お薬で治す
  • 病院で治す

など、いくつかあります。

では、詳しくみてみましょう^^

口内炎に塗る

食品を直接口内炎に塗り込んで治す方法です。
自分で試してみて、即効性を感じた3つの食品をご紹介します!

はちみつ
おばあちゃんの知恵袋の定番で昔から言われていますよね。

即効で完治とはいきませんが、はちみつが口内炎をコーティングしてくれるので、その間にスムーズに食事をする事が出来ました。

塗る時に少ししみて痛いです。

※最近、私が食べているのが今人気の「マヌカハニー
このマヌカハニーの殺菌作用で口内炎がすぐに治ってしまって驚きました!

⇒ マヌカハニーの効果!アトピーにもいいってホント?!


これは想像できると思いますが、口内炎にすごくしみるので本当に痛いです。

私はどうしても勇気が出なかったので息子に綿棒で塗って貰ったのですが、涙をボロボロ流して床をバンバン叩きながら悶絶しました。

塩の殺菌作用は強いので、はちみつよりは完治が早いのですが・・痛みに強いか、我慢強い人しか無理かもしれませんね(*_*;

塩を塗っても平気という人は、その上にはちみつを重ねて塗れば殺菌+コーティングで効果UPです!

ココア
無糖のココアパウダーを口内炎に塗り込む方法です。

あまり知られていませんがココアにも殺菌効果と炎症を鎮める効果があります。

塗った時の痛みははちみつ・塩に比べれば大したことはなかったですが、多めに塗ったパウダーが唾液でヌルヌルしました。ですが即効性は確かに感じました。

飲む・食べる

ちょっとでも口内炎に触れるのは嫌だ!
という人は体内から口内炎を治す即効性のある方法をご紹介!

クエン酸水
夏の食中毒防止には梅干しというのは有名ですよね。
それは梅干しに含まれるクエン酸の効果なのです。

ですからクエン酸水を直接飲む方が効果は大きいですよね。
飲むために口に含んだ時に少ししみて痛いですが、すぐに傷みは消えましたよ。

クエン酸水の詳しい情報は後程書きますね♪

大根
大根は『体の掃除をしてくれる野菜』と言われる程、殺菌効果の高い野菜なのです。

なので大根おろしを口内炎に直接塗ってみたのですが、水分が多いせいか直ぐに唾液に流されていき、何の効果もありませんでした。

ですが意識してちょっと多めに、
生のまま大根を食べると普段より早めに炎症が治まってきました。
大根サラダやスティックにしてボリボリ食べるのがお薦めです。

簡単に手に入る市販薬で即効性のある商品をご覧下さい。

トラフル錠
錠剤の飲み薬なのですが、いちばん口内炎の治し方で即効性を実感する商品です。

口内炎に直接何かする方が効き目があるように感じますが、実際は外側3割・内側7割と言われています。

新デスパ
クリーム状の塗り薬で、私が長年愛用してきた薬です。
塗った時の痛みもほとんど無いのに効果は絶大
口内炎パッチ
口内炎に貼るシールなのですが、痛みもなく食べ物などの刺激物から守ってくれる優れ物です。ただ私の場合は唾液が多すぎるのか、暫くすると口内炎からずれてしまいました(汗)。

病院

口内炎の治し方で最も即効性のあるのが、病院での治療でしょう。

レーザー治療が主で1~2日で完治することが多いです。
が、保険が適用されませんので治療費はお高めになります。

 
スポンサードリンク

どうして口内炎ができるの?

そもそも、どうして口内炎ができるのでしょうか?
癖になってる?と思うほど、繰り返す人もいます(^^;

その原因は・・

胃腸が弱っている
 胃腸が弱っていると口内に支障が出ることが多いですね。

ストレス
 ストレスや疲れが溜まると免疫力が下がるので、口内炎が出来やすくなります。

ビタミンB2・B6不足
 粘膜強化作用があるビタミンB2・B6が不足すると、
口内の粘膜も弱まり炎症を起こしやすくなります。

睡眠不足
 睡眠が足りないということは、
体が自己回復する暇がないので病気などに対する抵抗力も弱くなります。

噛み合わせが悪い
 虫歯の治療などで歯の噛み合わせに違和感を覚えることも多いと思います。
いつもと違う噛み合わせに慣れず、頬の内側や舌を噛んでしまい口内炎になることがあります。

口内炎の予防法

口内炎を治す方法

後程詳しく書くと約束しましたクエン酸水
これが予防法でもあって、かなりのお薦めなのです(^▽^)

 
クエン酸は体を弱アルカリ性体質にしてくれる効果があるのですが、これが大切!

弱アルカリ性体質になると、病気になりにくくなるメリットがあって口内炎とも無縁になります。口内炎の予防だけではないというのが嬉しいところですよね。

 
ただデメリットもあって、慣れるまでは飲むにくいかもしれません。
私は慣れるまで3週間ちょっとかかりました。

作り方

① クエン酸2.5gを浄水又は天然水250㏄に溶かす。
② 出来上がり

水道水は塩素も含まれているのでNGです。
これを1日6回飲むだけです。

簡単でしょ?
最初はかなり酸っぱく感じると思いますが、慣れると美味しくも感じてきますよ。

 
せっかくの美味しい料理も口内炎のせいで台無しになるのは、食いしん坊の私には本当に辛いです。
美味しいものを美味しく食べるために、自分に合った口内炎の治し方で即効性のある方法を試してみて下さいね~!

 
スポンサードリンク

Return Top