Read Article

体を温める方法!すぐにポカポカ・・簡単で効果的な方法とは?

寒い冬は冷え性の方にはとてもつらい季節ですね。

手足が冷えきって動きにくくなったり、ひどい時には体が冷えすぎて眠れないなんてこともあります。靴下を履いて寝たり(^^;

私もその昔ひどい冷え性で悩んでいた経験があるので体が冷えてしまうつらさって痛いほどわかりますよ。

最近では、女性だけではなくって男性にも冷え症の人が増えているんですって。
冷えは女性特有の印象だったのですが、、

低体温症の子供や、冷え症の男性。。。体を温める事は重要なのかも!

そう、冷え性はやり方次第で改善することもできるんですよ!
今回は冷えた体を温めてすぐにポカポカにする方法をご紹介します。

 
スポンサードリンク

体を温める方法

冷えた体は、血流が悪くなっているため筋肉を硬直させ脂肪をつきやすくさせます。
また体温が下がってしまうと免疫細胞も活性化してくれないので病気にかかりやすくなります。

このように体を冷やしておくことは体にとってよくないことばかりがおこってしまいますので、とにかく冷えた体はなるべく早く温めてあげることが大切です。

それでは、まずはすでに冷えてしまった体をすぐにポカポカ温める即効性のある対策法をいくつかご紹介します。

即効性を求めるのなら貼るタイプのカイロを使おう

ドラッグストアやスーパー、コンビニなどにも売っている使い捨てカイロ。

寒い時の外出などでは重宝しますよね。ただし、カイロも手に持って温まっているだけでは勿体ないですよ。

全身を温める効果のある場所にしっかりと貼ることで寒さ知らずになれちゃいます。

体感温度が変わるのは首カイロ

首には太い血管が通っています。
そのため、首を温めてあげることで首の血管を通る血液も温かくなります。

その結果、全身に温かい血液がめぐるため、全身がポカポカと温まります。

首にそのままカイロを貼ってしまうと見栄え的にも良くないので、マフラーやスカーフに貼って首に巻いておけば全身ポカポカの寒さ知らずになります。

下半身をポカポカにするならお腹カイロ

 
どうしても足下が冷えるという方におすすめなのがお腹にカイロを貼る方法です。

気温が下がって体が体温を必要とする場合には、どうしても内臓に血液が集まりやすく足元などの末端に血液が行き届かなくなり冷えてしまいます。

そのため、下半身をあたためたいのであれば、お腹にカイロを貼りましょう。
お腹にカイロを貼ることで内臓が温まるので下半身もすぐにポカポカになりますよ。

不妊症にも効果アリ!?お股カイロって安全?

 
実は、体の外部に一番近い内臓って子宮なんです。

そのため、お尻の辺りが冷えると子宮も一緒に冷えてしまい、子宮から内臓の冷えに繋がってしまいます。

女性の冷え性が起こりやすいのはこのように子宮が冷えやすい部分にあるからともいわれています。

そのため、布ナプキンなどを利用して、ナプキンの裏にカイロを張り、ショーツに取り付けて子宮を温めてあげることで体全体が内側から温まる・・という方法もありました。

確かに暖かい事で冷えは解消できそうですが、場所が場所なだけに、注意が必要です!
低温やけどや、蒸れから細菌が増える可能性も・・

最近は、不妊治療にも効果があるとも言われてますが、安全性は定かではありません。
ここは、注意して温める場所は ちゃんと選びましょう!

 
スポンサードリンク

冷えを予防する方法

すでに冷えてしまったら、このようにカイロで対策をすることができますが、カイロの使用を止めてしまえばもとの冷え性な体に戻ってしまいます。

そのため、冷えた体を根本から解決するためにも、冷えを防止することも大切です。

今回は冷え防止のために簡単にできる普段の予防法も一緒に紹介していきます。

ラジオ体操で全身ポカポカに

ラジオ体操、知らない日本人はいないのではないかというくらいに知名度が高い体操ですよね。子どもの頃の夏休みには毎朝やっていたという方も多いのではないでしょうか?

普段運動をする機会がない方には、ぜひ毎朝のラジオ体操を習慣にして体を動かすことで冷えが予防できますよ。

体が冷えてしまう原因は筋肉の硬直による血流の悪さがほとんどですので、体を適度に動かしてあげることで筋肉の硬直や血流の悪さが改善されます。

しかもラジオ体操はみんな知っている体操ですのでこれからわざわざ覚える必要もなく1回が約3分程度でしっかり全身運動ができるので忙しい方にもオススメの冷え予防法です。

私は朝起きた時に子どもと一緒にやっていますが、すぐに体がポカポカになるし、肩こりまで解消できて体の調子が良くなりますよ。

食べ物で体を冷やさない

冷たい飲み物やアイスクリームなどはそのものの温度が低いので、体の中に入ると体を冷やしてしまいます。

また、ナスやキュウリ、レタスなど野菜の中には体を冷やしてしまう効果のあるものもあります。そのため、冷えを防止するためには、体を温める野菜を選んで食べるようにしましょう。

ちなみに体を温める野菜と冷やす野菜の見分け方ですが、基本的に夏野菜は体を冷やす効果があり、冬野菜には体を温める効果があります。

さらに一番気をつけたいのが砂糖です。

砂糖の原料は沖縄などの温暖な地域でとれたサトウキビですので もともと体を冷やす効果があります。

そのため、甘い物が好きな方や甘い味が好きな方は、寒い地方でとれる根菜を原料としたてん菜糖を使ってみることもおすすめです。

てん菜糖の原料であるてん菜は体を温める効果がありますので、料理やお菓子作りにはてん菜糖を使うようにすると良いでしょう。

お風呂ではしっかり湯船につかる

体が冷えやすい方の中には、湯船につからずにシャワーで済ませるような方もすくなくありません。

体を冷やさないようにするには しっかりと湯船につかり体の芯まで温まることが大切です。
また湯船の中で軽くストレッチなどを行なうことも効果的です。

普段シャワー派の方はしっかりと湯船につかる習慣をつけるだけで冷えを予防することができますよ。

 
スポンサードリンク

体を温めるとナゼ体にいいの?

冷えは万病の元とはよくいわれていることです。
しかし、具体的に冷えた体を温めることでどんな効果が得られるのでしょうか?

次は冷えた体をポカポカにするメリットについてもご紹介します。

痩せ体質になる

痩せ体質・・響きがいいですね(^^;

体温が高いと体の基礎代謝量も上がり、脂肪が燃えやすくなります。
そのため、体をポカポカにしておくことで脂肪燃焼効果が得られるのです。

逆に体温が下がってしまうと基礎代謝も下がるので脂肪がつきやすい体つきになります。

ちなみに 体温が1度下がるだけで代謝が12%もおちるといわれています1日の基礎代謝が1200kcalの人は体温が1度低くなると1056kcalしか燃やせなくなります。

病気になりにくい体になる

 
体がポカポカで温かく体温が高いと血行が良くなり免疫細胞が活性化してくれます。

活性化した免疫細胞は体中をパトロールして外部から侵入してくる風邪などのウィルスを撃退してくれます。

また体の中にできたがん細胞も小さいうちに見つけて撃退してくれるので病気にかかりにくい体を維持できるのです。

老廃物を排出して疲れ知らずの健康な体になる

体温が高いと血行が良くなるため、体に溜まる老廃物をたくさん排出してくれます。
そのため、疲れにくい体になり、肌の状態も良くなり、余計なむくみなども解消されます。

さいごに

体をポカポカと温かく保つことは健康にも美容にも良いことずくめですね!

反対に 体を冷やしたまま放置してしまうと、病気になりやすいからだになったり、お肌がぼろぼろになったり、太りやすい体質にもなってしまいます。

冷えは普段の生活を少しずつ改めるだけでちゃんと改善できますので、体を温かく保つことを心がけるようにしましょう。

私はついつい冬でも冷たい飲み物をのんだり、夏野菜のサラダを食べたりしていましたが、体を温めることの大切さを改めて感じました^^

やはり、冷えは万病の元なんですね。気を付けましょう~!

※追記です^^
テレビ番組で紹介されていた方法を書きました。参考にどうぞ!

冷え症改善には正座やスクワットが効果的?簡単に末端冷え症を改善する方法があった

足先の冷え対策にはこのグッズでぽっかぽかになったよ!

参考になれば嬉しいです。

 
スポンサードリンク

Return Top