Read Article

寒暖差アレルギーで咳が出た!どうしたら治るの?ずっと続くの?

ここ数年は気象異状も珍しくなく、冬にしては暖かいな〜なんて思っていた翌日に、急に冷え込んでしまったりすることも多くなりました。

寒暖差アレルギー

前日は15度も気温があったのに、今朝は5度など、前日と翌日で10度以上の差が出ることも珍しくないですよね。

そんな時に、なぜだかくしゃみや鼻水、咳など、体に異変が起こる方はいませんか?
そんな方はもしかしたら、寒暖差アレルギーの可能性があります。

寒暖差に体がついていけないことが原因で起こる、寒暖差アレルギーとはどんなものなのでしょうか?

今回は寒暖差アレルギーの症状や予防法につて詳しく調べてみました。

 
スポンサードリンク

寒暖差アレルギーの症状とは?

寒暖差アレルギーとは、名前の通り、寒暖差によって引き起こされるアレルギーです
おもな症状としては、他のアレルギー症状と同じようにくしゃみ、鼻水などの症状が現れます。

目に症状が現れることはなく、透明でサラサラの鼻水がでることも特徴です。

そして、寒暖差アレルギーの人の中には、咳が止まらなくなるという症状を訴える方もいます。
アレルギーの症状で咳がでるというのは、非常に珍しいことですよね。

実は、寒暖差アレルギーは「アレルギー」という言葉を使いながらも厳密にいうとアレルギーではありません

寒暖差アレルギーの正体は?

寒暖差アレルギー

実は寒暖差アレルギーの正式な医学名称は「血管運動性鼻炎」というもので、厳密に言うと、アレルギーではありません。
「血管運動性鼻炎」は、正確に言うと、自律神経の乱れによりおこる症状のことを指します。
症状が、アレルギーによる反応に似ていることから、通称で寒暖差アレルギーと呼ばれています。

寒暖差アレルギーは咳喘息も引き起こす

寒暖アレルギーの症状の中に、咳というものがあります。
寒暖差を感じた時に咳が止まらなくなってしまうという症状です。

これは、寒暖差を感じた時に自律神経が乱れて一時的に気道が狭くなり、普段はなんでもない刺激に対しても過敏になり、咳が出てしまうのです。

寒暖差アレルギーで一時的に咳が出る分には、ある程度心配はないのですが、咳が一定期間以上続くような場合には、寒暖差アレルギーから咳喘息を引き起こしている場合もあります。

咳喘息は、喘息の一歩手前のような症状で、原因不明の咳が一ヶ月以上続きます。

寒暖差アレルギーによる咳だと思いながらも、2〜3週間以上咳が続くようであれば、咳喘息を引き起こしている可能性がありますので、すみやかに病院での診療を受けるようにしましょう。

 
スポンサードリンク

寒暖差アレルギーの治療方法

現在のところ、寒暖差アレルギーを根本から改善する方法はありません。

そして、寒暖差アレルギー自体を治療する方法もないため、基本的にはアレルギー性鼻炎と同じ治療を行っていきます。

寒暖差アレルギーのおもな治療法は以下の通りです。

吸入治療(ネブライザー治療)

鼻や喉などの炎症を抑えるための薬を、超音波によって細かい霧状にして噴射するネブライザーという機械を用いた治療法です。

鼻や口から呼吸をすることで薬を吸い込み、結果として炎症を和らげるという効果を狙います。

薬での治療

アレルギー現象に対抗するための薬である抗ヒスタミン剤や、点鼻ステロイド薬などを使用して、治療を行います。

医師の指示のもとで一定期間使用し、経過を観測していきます。

基本的な治療法はこの2種類となり、他にも症状によって対処療法が用いられます。
その他にも、漢方を使った治療や生活改善などの指導を受けることもあるようです。

中には勝手に治ってしまう場合も

寒暖差アレルギーは、理由は不明ですが、なぜか自然治癒してしまう場合もあります。

寒暖差アレルギーが起こった場合、放置するのはいけませんが、医師の指導のもとに経過を観測する、いわゆる様子見の期間が与えられることもあるでしょう。

治療を行わずに治ってしまうのであれば、本来それが一番良い方法です。

 
スポンサードリンク

予防法など

寒暖差アレルギーを引き起こす原因の1つに、自律神経の乱れがあります。

よって、寒暖差アレルギーを予防したい場合には、自律神経の乱れを改善する方法から始めると良いでしょう。

まずは生活の乱れを正すことから

自律神経とは、交感神経と副交感神経を司っている神経です。

交感神経が優位な時には、人は活発になり基礎代謝も上がります。
そして、副交感神経が優位な時には、体はリラックス状態に入ります。

この神経のサイクルが正常な場合、朝起きてから交感神経が優位になり、夜になるに連れて副交感神経が優位になって、深い眠りに入ります。

しかし、この自律神経のサイクルが乱れてしまうと、寒暖差アレルギーを引き起こす原因になります。

そのため、まずは自分の生活を見直すことから始めてみましょう。

ついつい夜更かしをしてしまう方は、なるべく10時くらいまでに眠りにつくようにすることで、乱れた自律神経が正常なサイクルに戻ることがあります。

また、寝る前のスマホなども、ブルーライトの影響により自律神経を刺激して眠りを浅くさせてしまうため、控えるようにしましょう。

アレルギー予防

ストレスを溜め込みすぎない

ストレスを溜め込みすぎることで、自律神経が乱れてしまう場合もあります。

「ストレスなんて感じていない」という人の中でも、知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまう人もいるんですよ。

例えば、朝の満員電車や、学校の成績の結果なども立派なストレスになっています。
そして、知らず知らずのうちに溜まったストレスが直撃するのが脳です。

ストレスが直撃した脳はさまざまな誤作動を起こし始め、自律神経にも影響を及ぼします。

ストレスは、脳が誤作動を起こすまでなかなか気づくことのできない厄介な原因の1つですが、疲れたら休むというクセをしっかり付けて、日々の生活の中で継続的に体に無理をさせないことが大切です。

また、ウォーキングや、軽いストレッチ、ヨガの呼吸法などでも、ストレスを発散させることはできますので、朝起きた時や寝る前などに定期的に行うことで、自律神経も整います。

生まれつきでもあきらめないで改善を

heya

実は、元々の体質が原因で、自律神経の調整ができない人というのも中にはいます。
しかし、体質だからと諦めて、寒暖差アレルギーを受け入れてしまうのは、ちょっともったいないことです。

自律神経の調整が苦手な人は、運動不足の人に多いようです。

もともとの体質で自律神経の調整が苦手な人でも、スポーツを始めた途端に、自律神経の乱れが改善されたという報告が多々あります。

そのため、生まれつき自律神経が乱れやすいからと諦める前に、週に1度でも趣味で続けられるような運動を始めると、改善される可能性がありますよ。

自律神経の改善以外にもしっかりケアを

このように自律神経の乱れを整えるだけでも、かなり寒暖差アレルギーの改善は期待できます

そして、それと平行して、生活の中で急な温度差に負けないように気をつけることも大切です。
急な温度差を感じないためにも、常に体を暖かく保つことが大切です。

いつもお風呂をシャワーで済ませている人は、しっかりと湯船につかり、体の芯まで温めることを意識しましょう。

また、しょうがやニンニクなどの血行をよくする食べ物を積極的に食べることもおすすめです。

寒暖差アレルギーを予防するためには、アレルギーに負けない、免疫力の強い体を目指すことが大切です。

 
スポンサードリンク

Return Top