Read Article

色白になる方法をチェック!色黒でも30代でも出来る方法って?

色白のふっくらとしたお肌は、憧れる女性も多いのではないでしょうか?

現代では、ドラッグストアや化粧品売り場などでも美白効果のある製品がところせましとならんでいますよね。

しかし、もともと色黒の方は、遺伝だからと、色白にはなれないと思っている方もいますよね。

では、本当に色黒の人は、色白になれないのでしょうか?

若いうちならまだしも、年齢も30代以降となると、色白になるのは、やっぱり難しいのかな…?と、諦めてしまいがちですが、

やり方次第では30代以上でも色白になれますよ!
今回は、そんな30代で色黒の方でも色白になる方法に浮いて調べてみました。

 
スポンサードリンク

色白になる方法とは?

実は、私も小さいな頃から他の子供たちよりも、肌が黒い方で、夏には海やプールで思いっきり遊んでいたので、こんがり真っ黒なソバカスだらけの子供でした。

若い頃は、アウトドア好きだったこともあり、割と20代後半くらいまで夏はお肌は真っ黒という感じでしたよ。

しかし、30代になると、お肌の老化を徐々に感じ始めるんですよね。
そこで、急遽色白になるためにいろんな方法を試したことがあったんです。

今回は、私が試して効果のあった自宅でできるケア法をご紹介します。

まずは徹底的に日焼け止め対策

まず、気軽に始められるのがこの方法です。
私は化粧下地として、いつも日焼け止めを利用していました。

色白への道には、なんといってもお肌を紫外線から守ることが1番大切です。

そのため、顔、特に日焼けしやすい鼻筋や頬骨の出っ張り部分には入念に塗ることが大切です。

地黒の人は、肌が紫外線を吸収しやすい体質の人が多いので、なによりも紫外線を肌に直接浴びないことが大切です。

食事のメニューに積極的にトマトを入れる

トマトにはリコピンというメラニンの生成を抑える成分が含まれています。

そのため、地黒な人が積極的にトマトを食べておくと、紫外線を浴びた時にもメラニンが活性化するのを抑えてくれるんです。

そのため、日焼けしにくい肌になり、結果として色が白くなりますよ

ちなみに、リコピンには抗酸化作用もあり、体をサビさせて老化させる活性酸素を撃退してくれる働きもあるため、若々しいお肌を保つためにも効果を発揮してくれるんです。

私は、基本的に生のトマトを食べてましたが、冬などはトマトが手に入りにくくなりますよね。スーパーなどで値段をみると、ビックリするほど高価だったりもしますし。

そのため、手に入らない季節には、トマト缶を利用していました。

しかも、トマト缶は通常のトマトよりも栄養素が豊富で、リコピンも通常のトマトの2〜3倍は含まれていると言われています。

ただ、トマト缶に対する危険性なども噂されており、それは、トマト自体が危険なわけではなく、缶の内側をコーティングしている樹脂の成分が人体の生殖機能や神経系などに悪影響を及ぼす可能性があると言われています。

しかし、これは、現在のところはっきりと断定はされていないようですし、これを心配するのであれば、全ての缶詰入りの食品が危険ということになってしまいます。

どうしても、心配な方は、瓶詰め入りやパックに入ったホールトマトなどを利用するのも良いかもしれませんね。

私は、冬はトマト缶、夏は生トマトというように食べていました。

 
スポンサードリンク

すぐ美白効果を得たいなら美容点滴

時間をかけず、すぐに美白になりたい!という場合には、美容点滴がおすすめです。

これ、私はまだやったことがないんですが、短期間で美白になりたい方はやっているようで、美容系のクリニックなどで受けることができるようです。

基本的に点滴に含まれる成分は美肌に特化したものが含まれており、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル、プラセンタ、酵素などなどが入っていますが、それぞれの病院やクリニックでも入っているものは違うようです。

気になる方は、医師に聞いてみるとよいでしょう。

美肌成分が直接血中にとけ込むことで、口からの摂取よりも早く効果を発揮してくれるようです。

ただし、献血ができなくなるなどのリスクも伴いますので注意が必要です。

色黒でも30代でも色白は可能か?

私の場合、実に28歳くらいまで、気にせず日焼けしているタイプでした。

しかし、30歳を超えて、ある日鏡を見た時に、色黒でお肌の乾燥が目立つ老け顔になっていることに気づき、慌てて美白を始めたんです。

そんな私でも、1〜2年くらい日焼け対策や食事に気をつけながら生活していたところ、段々と色が落ち着いて、今では「色白」とまで言われるようになってしまいましたよ。

年齢の影響というのも確かにあると思いますが、実年齢よりも大切なのが肌年齢だと思います。

実年齢は若返ることができませんが、肌年齢であれば10歳20歳は努力次第で若返りますから驚きです。

ちなみにいつから始めるということは、あまり関係なく、お肌は手をかけてあげればかけてあげるだけ良い状態となって現れてくれます。

もし、続けていても効果がでない場合には、方法が間違っている、もしくは自分に合っていない可能性があるので、私の場合は1〜3ヶ月ほど行なって、効果を感じない場合には別の方法に切り替えるというやり方をしています。

スタート時の年齢はあまり関係なく、手をかければある程度の効果が感じられるのがお肌です。

 
スポンサードリンク

色白を目指す為のケアなど

真っ黒だった時代から色白ケアのためにやっていたことは、日焼け止めとトマトを食べることともう1つあります。

それは、日々のスキンケアで、汚れをしっかり落としながら常に潤いを保つように気をつけていました。

洗顔はしっかりと洗い残しなく

1日顔に乗せたままのメイクを落とすためにクレンジングや洗顔をしますよね。
私が美白ケアを意識してからは、クレンジングや洗顔にかなり気を使うようになりました。

まず、ゴシゴシ洗って「ハイ!終わり!」というのを止めて、

クレンジングの場合、まずは肌全体にクレンジング剤を乗せて、汚れを浮かして洗い流すという あまり擦らない方法で洗うようにしていました。

洗顔も同じですが、洗顔の場合は、しっかり泡立てたキメの細かい泡を作ってから顔全体にのせるようにしていました。

これで汚れをしっかりと落として、色素沈着やくすみを防ぐことで肌が明るくなるのです。

24時間潤いを保つ

肌が乾燥してしまうと肌の表面にあるバリア機能を低下させ、外部刺激から肌を守ることができません。

そのため、紫外線の影響を受けやすい肌になってしまいます。
肌を紫外線から守るためにも、肌本来のバリア機能をしっかり働かせることも大切です。

その為には、肌の乾燥は大敵となりますので、化粧品での保湿ケアをしっかりとおこなっていました。

ちなみに、高価な化粧品を少しずつ使うよりは、プチプラでも気兼ねなくたくさん使える化粧品の方が、お肌に24時間潤いを保つためには向いていると思います。

高価な化粧品を大量に使えるのが理想ですが、潤いを保つためには、ある程度基礎化粧品の量というのも大切になります。

色白をめざすなら・・

ストレスをためない生活も大切

これは、美肌効果だけに言えることではありませんが、ストレスを溜めない生活というのもお肌にとってはとても大切です。

ストレスが溜まると、自律神経が影響を受けて、肌のターンオーバーが乱れてしまう危険性があります。

よって、お肌を白くしたいのであれば、ストレスを溜めずにしっかりと睡眠をとることも大切です。

このように、普段の生活をちょっと気をつけるだけでも、30代から色白になることは十分に可能です。

自分に合った方法を見つけて、是非実践してみてくださいね。

美白注射の効果とは?本当に肌は色白になるの?!

日焼け・美白についての関連記事を紹介!

 
スポンサードリンク

Return Top