Read Article

インフルエンザなのに熱が出ないことってあるの?!高熱だけじゃなかった・・

寒い冬がやってくる頃、徐々に話題になり始めるインフルエンザの流行。
家族の誰かがかかってしまうと、一家全滅・・なんてことにもなりかねないから大変です。

熱がでないインフルエンザ

インフルエンザと言えば、高熱が出て、何日も寝込んでしまうというイメージですよね。
私も昨年は会社でうつってしまったのか、熱にうなされて大変でした(泣)

そして職場の同僚たちにも写す可能性もあるわけで・・(^^;
⇒ インフルエンザに感染?!いつまでうつるのか徹底チェック!

周りで流行り出すとホント心配になっちゃいますよね。

しかし、驚くことに、中には熱の出ないインフルエンザも存在するのです!
熱がでないインフルなんて、、ただの風邪じゃないの??なんて思ってしまいますね(^^;

今回はそんな熱のでないインフルエンザについて調べてみました。
知っておかないと、自分だけではなく周りにも広げてしまう恐れがありますので、要チェックですよ!

 
スポンサードリンク

インフルエンザでも高熱にならない場合がある

インフルエンザと言えば38度以上の高熱が続くというイメージがありますが、実は熱が出ない場合もあるのです。

熱が出ない理由として以下のような原因があります。

  • インフルエンザB型への感染
  • 風邪薬や熱冷ましなど薬の服用
  • 予防接種を受けていたため
  • 体の免疫力低下

それでは1つずつ詳しく見ていきましょう~。

インフルエンザB型への感染

インフルエンザにはA型・B型・C型などのさまざまなタイプが存在します。
良く「今年は◯型が流行る」などという話題を耳にしますよね。

そんな中でも、インフルエンザB型は高熱が出ない場合があり、インフルエンザへの感染を見過ごしてしまう可能性があるのです。

さらに厄介な事に、インフルエンザB型はA型よりも、ウィルスが完全に死滅するまでの潜伏期間が長いことが特徴です。

熱がないために、インフルエンザの症状が緩和されて、「治った!」と思って外出すると、感染を拡大させてしまう場合もあります。

風邪薬や熱冷ましなど薬の服用

「なんとなく、具合が悪いので風邪薬でも飲んでおこう」と、安易に風邪薬をのんでしまう方は要注意です。

もし、その体調不良がインフルエンザが原因であれば、薬の効果で熱だけが抑えられている可能性があります。

例え熱が下がっているとしても、体の中にインフルエンザのウィルスはしっかり残っています。
この場合も、そのまま外出などをすると、他の人を感染させてしまう原因にもなります。

予防接種を受けたため

インフルエンザを予防するために、事前に受けていた予防接種が裏目にでてしまうこともあります。

インフルエンザの予防接種は「受ければ絶対に感染しない」わけではなく、実は予防に対して60%ほどの効果しか発揮しないのです。

そして、最悪の場合、熱だけがワクチンで抑えられ、体内はしっかりとウィルスに感染しているという場合があります。

予防接種を受けたからと油断はせずに、自分の身体の症状を注意深く観察することが大切です。

体の免疫力低下

年齢が高齢であったり、免疫力が低下している場合なども熱がでないことがあります。

そもそも熱とは体の防衛反応です。
外部から悪い菌が侵入してきた際に、その菌を追い出すために体は熱をだします。

しかし、その体そのものが弱っていると、そもそも熱を出すエネルギーさえないため、熱が出ないまま感染しているという状態に陥ってしまうのです。

 
スポンサードリンク

風邪とインフルエンザを見分けるにはどうしたらいいのか?

では、この厄介な熱のでないインフルエンザと通常の風邪はどのように見分ければ良いのでしょうか?

インフルエンザで一番大きな特徴は体全体に症状が現れるということです。

 
風邪の場合は、『鼻水、鼻づまり、くしゃみ、頭痛、のどの痛み』など、体の上部に症状が現れますが、インフルエンザの場合は、『鼻水、咳、のどの痛み、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感』と全身に症状が現れます。

また、症状が2〜3日経っても良くならない場合はインフルエンザの可能性がありますので症状を良く見極めることがポイントです。

熱が無くてもインフルエンザを疑おう!

例え熱が出なかったとしても、発熱していないというだけで、通常のインフルエンザと扱いは同じです。

インフルエンザに感染しているのに「熱がない」という理由で、学校や職場に行ってしまうと、インフルエンザのウィルスをまき散らす可能性があります。・・怖いですね(^^;

全身の倦怠感が何日も続くようであれば、仕事や学校はお休みして、速やかに病院に行き、医師の診察を受けるようにしましょう。

無理をすると長引いて逆に長期間休まなければいけなくなっちゃいますので、早めに判断する方が体にもお仕事にも有効だと思いましたよ^^

 
スポンサードリンク

Return Top