Read Article

ふくらはぎが痛い!もしかして病気?!くり返すその原因とは・・

私の主人はしょっちゅう手や足がつります。

手がつる時はお箸を持っている時など原因がはっきりしているのですが、足は、ただじっとTVを見ている時・寝ている時などで原因が解りません。

そしてよく、ふくらはぎが痛いと訴えています。

ふくらはぎが痛い

夜中、突然「イタタ!!」と叫んで、ふくらはぎを掴んでいるのですが・・
最近ふと「人ってこんなに足がつって、ふくらはぎが痛くなるものなのかなぁ?」と疑問に思いました。

軽い気持ちで調べてみたら・・
ふくらはぎが痛い・・病気の可能性?!という言葉が目に飛び込んできました( ゚Д゚)

ふくらはぎが痛いぐらい大した事はないと思っていたのですが、これは詳しく調べてみなければ!

 
スポンサードリンク

ふくらはぎが痛い時に考えられる病気とは?

筋肉痛

病気といっていいのか解りませんが・・
スポーツをした後にふくらはぎが痛くなったのであれば、ほぼ筋肉痛でしょう。

若い人は当日か翌日には筋肉痛になりますが、
30代を超えると2~3日後に筋肉痛に襲われる事が多いですね。
ふくらはぎが痛くなったら、まず最近スポーツをしたかどうか思い出してみて下さい。

こむら返り

ふくらはぎの筋肉が異常に緊張を起こし、収縮したまま硬直してかなり強い痛みを引き起こします。しばらく立つ事もできないでしょう。

ちなみに『こむら』とはふくはぎの事を指しています。

肉離れ

強い痛みが急激に襲ってくるのでこむら返りと間違えやすいですが、筋肉が収縮して硬直しているだけのこむら返りに対して、ふくらはぎの筋肉が損傷を負ってしまっているのが肉離れです。

ヘルニア

背骨の間にある軟骨が擦り減って、神経がむき出しになっている状態の事をいいます。
むき出しの神経が刺激されて、腰やふくらはぎに強い痛みを与えます。

私もヘルニアになった事があるのですが、
ヘルニアとして軽度のものだったのに痛みは強烈でした。
ふくらはぎがビリビリするような痛みで、歩くどころか立つ事もできませんでした(T_T)

hukurahagi-itami

座骨神経痛

正確には病名ではなく症状名なのですが、腰から下肢に通っている坐骨神経に関連するふくらはぎなどに痛みやしびれが起こる事をいいます。

刺すような痛みとビリビリ・ジーンとくるしびれが特徴です。

脊柱管狭窄症

脊柱管という背骨の神経が通っている管が、搾られたように狭まってくる事をいいます。
神経が圧迫されることでふくらはぎに痛みが走り、歩行困難になります。

重篤になれば排泄にも障害が出る事もあります。

動脈硬化

大きな血管である動脈に、ドロドロ血液からなる血栓で詰まる病気です。

血管が詰まると、当然血液が流れませんよね。
下半身に充分な血液が流れず、血行不良となりふくらはぎが痛むのです。

放っておくと運動機能に障害が出てきて、更に進行すると脳梗塞・筋梗塞を引き起こします。

静脈血栓症

いわゆるエコノミー症候群ですね。
最初にふくらはぎがむくんで、痛みが出てきます。

足にできた血栓が血液の流れにのって肺の血管を詰まらせたりします
そうなると、呼吸困難に陥り失神したりと命を脅かす事になります。

 
スポンサードリンク

ふくらはぎが痛くなる原因って何?

症状には「原因」があるものです。
それぞれ痛みには、どんな原因があるのでしょうか? 見てみましょう!

筋肉痛

普段スポーツをしない人が充分な準備がないまま、急に激しいスポーツなどをした事が原因といえます。
筋肉が緊張を起こし、筋肉痛となるのです。

こむら返り

ほとんどの原因は準備運動不足・普段の運動不足ですが、電解質不足や血行不良、脱水症状が原因となっている例も少なくありません。

また持病で糖尿病・肝臓疾患・腎臓疾患などがある人は、その病気が引き金になっている場合もあります。

肉離れ

筋肉痛・こむら返りと原因は同じような物ですが、普段スポーツなどをしている人でも筋肉を酷使し続けると肉離れを起こします。

栄養不足・睡眠不足・気温が低いという事も関係しているといわれています。

ふくらはぎの痛みと病気

ヘルニア

普段の姿勢が悪い事で背骨や骨盤が歪んだり、重い物を急に持ち上げた時にかかる負担など色々な要因によってヘルニアになります。

また年齢を重ねると自然と軟骨の柔軟性も失われていきますので、加齢も原因といえるでしょう。

座骨神経痛

若い人はヘルニア、中高年以降の人は脊柱管狭窄症が原因となっていることが多いようです。

他にも遺伝的に腰椎が変形していたり、事故などの後遺症でなる事も珍しくありません。

脊柱管狭窄症

先天的に脊柱管が狭く、成長するにつれて益々狭くなってくる事があるようです。
ヘルニアなど他の病気からの合併症や、事故などの後遺症も原因となります。

動脈硬化

脂っこい食事ばかりなどで悪玉コレストロールが増える事により、血液がドロドロになります。
流れが悪くなり、血管の壁に少しずつへばりついて血栓となってしまいます。

静脈血栓症

東北大震災・熊本地震などでも話題になりましたが、
避難所や車中などで同じ姿勢を取り続けることにより血栓が出来てしまいます。

デスクワークも同じ事です。

やはり、適度な運動って大切なんですね^^;
座りっぱなしはイケマセンね。

ふくらはぎがだるい場合についても書いています
※参考 ⇒ ふくらはぎがだるい!眠れないほどツライその原因とは?

ふくらはぎが痛い時の対処法とは?

スポーツをした!など心当たりがあり、ふくらはぎの痛みも一過性のものなら心配ないでしょう。ふくらはぎを冷やすアイッシングやマッサージで緩和されるでしょう。

ですが・・
私の主人のように頻繁にあるようでしたら、整形外科・神経内科・内科などで必ず診察を受けて下さい。

主人は幸い電解質不足(でもチョット重症)だったので、点滴・投薬で軽減しました。
治療期間は2ヶ月半でした。

その時のお医者様の助言ではバランスの取れた食生活と、無理のない程度の運動を日課にして下さいという事でした。そうすることで、ほとんどの病気を防いだり対処したりする事ができるそうです。

 
ただ、静脈血栓症に関しては、
定期的に水分補給をして足や足の指をしょっちゅう動かすようにするといいでしょう。

さいごに

軽い気持ちで調べたふくらはぎの痛みが、私には衝撃的な内容になってしまいました。

ですが、ふくらはぎの痛みが体からのサインだと思っていただければ、私も調べた甲斐があります。

頻繁に起こるふくらはぎの痛みが、まさか命に関わる病気の可能性があるとは思いませんよね(-_-;) 主人も放っておいたら、他の病気を引き起こすギリギリのラインでした。

 
そんな経験をした私からのお願いです!
ふくらはぎの痛みが続いて不安になっているのなら、病気も疑って必ず病院に行って下さい!!

 
スポンサードリンク

Return Top