Read Article

日焼け止めの効果ってどのくらい続くものなの?塗り方次第で効果0って・・泣

そろそろ日焼け対策に本腰を入れる季節が近づいてきましたね。
私は一応1年中日焼け止めを塗っていますが、夏と冬ではやっぱり意識が変わってきますね。

とか言っていますが、日焼け止めに記されている数値を上げるぐらいで特別な事はしていません。あの数値の意味も解っていないし、朝に日焼け止めを塗ったらそれっきり・・。

数値が高いし1日中日焼け止めの効果も持続するだろうと勝手に解釈していますが、本当はどうなのでしょう?

日焼け止めの効果が持続する時間や塗り方など、まずは基本的な事を知っておかないと日焼け対策の努力が無駄になってしまうかもしれない・・と心配になったので調べてみました。

正しい知識をつけて、日焼け止めの効果を最大限に生かしましょう!
塗り方のコツなど、分かりやすい動画も見つけましたよ^^

 
スポンサードリンク

日焼け止め効果の持続について

普段、何気なく目にしている日焼け止めですが2種類の英字が示されていますよね。

そう『SPF』と『PA』です。
私が先程、数値が高いと言っていたのは、この『SPF』の事です。

SPF50でPA++++だと最強だという感じがしているのですが、この英字の意味すら知りませんでした。ですが、この英字と数字が日焼け止めの効果の持続時間のキーポイントだったのです。

1つずつ説明していきましょう。

SPF(紫外線防御指数)とは?

Sun Protection Factor(サン・プロテクション・ファクター)の略で、日焼けによって肌を赤くさせる紫外線B波をカットします。

20・30・50などが日焼け止め効果の持続時間を示しています

例えば、あなたが日焼け止めを塗らずに炎天下にいたとして、30分後に日焼けが始まる体質とします。

≪SPF20の場合≫
30分×20=600分(10時間)

≪SPF30の場合≫
30分×30=900分(15時間)

≪SPF50の場合≫
30分×50=1500分(25時間)

つまり30分後に日焼けが始まる体質のあなたの場合、

SPF20なら10時間・SPF30なら15時間・SPF50なら25時間日焼けを遅らせる事ができるという指数となっているのです。

数値が高い方が紫外線B波をカットする力が強くなるという私の思い込みは大間違いでした!ただ、数値が大きくなるほど日焼け止め効果の持続時間も長くなりますが、肌荒れの原因になる可能性も大きくなります。

PA(UV-A防御指数)とは?

Protection Grade of UVA(プロテクション・グレイド・オブ・UVA)の略で、日焼けによって肌を黒くする紫外線A波をカットします。

PAの場合は数値ではなく、+・++・+++・++++という4つの記号で効果の大きさを表します。PAは持続時間ではなく効果の大きさを表しているのです。

≪PA+≫
UVAカット効果が大きい

≪PA++≫
UVAカット効果がかなり大きい

≪PA+++≫
UVAカット効果が非常に大きい

≪PA++++≫
UVAカット効果が極めて大きい

と考えると解りやすいのではないでしょうか?
ですがSPFと同じように、効果が大きいほど肌乾燥の原因になる可能性が大きくなります。

要するにシチュエーションに合わせて、日焼け止めを使い分ければいいのです!

▪SPF10~20・PA+~++
 買い物やちょっとした散歩などの日常生活に最適
▪SPF15~30・PA++~+++
 ピクニックやテニスなど屋外での軽いレジャーやスポーツに向いています。
▪SPF30~50・PA+++~++++
 海水浴や登山など、長時間を炎天下で過ごす時にいいですね。

 
スポンサードリンク

日焼け止め入りの化粧品を使えば日焼け止めはいらない?

確かに、最近は日焼け止め入りでお手軽なBBクリームなどがありますよね。
ズボラな私にはありがたい商品ですが、これさえあれば別に日焼け止めを塗らなくてもいいのか?

そうですね、一般的に11月~2月ぐらいは紫外線量も比較的少ないので、日焼け止め入りの化粧品だけでもいいでしょう。

しかし!
3月~10月は紫外線量が格段に増えますし、皮脂や汗も分泌されやすいので日焼け止め入りの化粧品と日焼け止めを併用した方がいいでしょう。

塗り方のポイントなど

実は・・調べていて、すごくショックな事が解ってしまったのです”(-“”-)”

日焼け止めの塗る量が少なかったり、ムラがある塗り方をしていると日焼け止めの効果が極端に下がり、ほぼ0(ゼロ)なんだそうです!

私、ケチってチビチビ使っている上に、朝はバタバタと適当に塗っているのですが・・。
私の毎日は無駄だったのですね(T_T) 

これからは適切な量と正しい塗り方を覚えて、無駄な毎日と決別したいと思います!

日焼け止めの適切な量

紫外線対策の実験で日焼け止めの効果を最大に引き出せる量は、1㎠あたり2㎎とされています。

これを顔の大きさに換算すると約800㎎となって、大体500円玉ぐらいの大きさになります。実際に手の甲に出してみたのですが、結構な量ですよ!

日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めは塗る前から大事な事が始まっています。
それは化粧水で保湿をしっかりとして、日焼け止めの浸透力を高めておく事です。

塗る順番としては化粧水→日焼け止め→化粧下地→ファンデーションですね。

500円玉大に出した日焼け止めを、顏の額・鼻・右頬・左頬・顎に置いて内から外に向かって塗り広げていきます。

最後に手の平を顔に当てて、手の熱で日焼け止めを更に浸透させます。

ここでの最大ポイントは力強く肌に塗り込むのではなくて、優しくスーッと延ばしていくようなイメージで塗り広げる事です!

解りやすい動画を見つけたので、良かったら参考にして下さい。

リキッドタイプの日焼け止めの場合は、手に出してしまうと手が日焼け止めを吸収してしまうので指先に出して、そのまま額・鼻・右頬・左頬・顎に置く方がいいでしょう。

ちなみに腕の塗り方も見つけたのでどうぞ!
足の場合は足首から膝下まで、腕と同じように出して下さい。

こんなにーーー?!
と思ってしまいますが、

ここで次のポイント!それは塗り直しです。

SPFの説明で持続時間を書きましたが、汗をかいたりすると日焼け止めは落ちてしまうので塗り直しが必要になるのです。

しっかりと余分な汗や皮脂を拭き取ってから、新たな日焼け止めを塗りましょう。

やっぱり日焼け止めは大切!

どうでしたでしょうか?
日焼け止め効果の正しい知識は解ってもらえたでしょうか・・。

正直、私はこんなにも日焼け止めの効果や塗り方などについて解ってなかったのかと、情けなくなってきましたね。

しかし、明日からの私は違うぞ!
日焼け止めの効果を最大限に使って、陽射しに勝ちたいと思います♪

日焼け・美白についての関連記事を紹介!

Return Top