Read Article

日焼け止めの使用期限ってどのくらい?昨年の残りをケチって使うってダメ?!

最近、友人とウォーキングを始めた(いつまで続くやら・・?)のですが、そろそろ陽射しが気になってきたので日焼け対策を考え始めました。

日焼け対策といっても日焼け止めを塗るぐらいしか思い付かないのですが・・。

ただ、ここ数年は個人的に秋を感じなくて、暑い→寒いにひとっ飛びしている気がするのです。ですから日焼け止めもピタッと塗らなくなって、昨年の日焼け止めを今年も持ち越してしまっているのです。

けちんぼな私は「良かった!まだある♪」ぐらいに思って使っていたのですが、本当にそれでいいのでしょうか?

日焼け止めだって使用期限はあるだろうし(確認した事はありませんでしたが)、そもそも日焼け止めの効果はどうなのでしょう?

 
私の今年の日焼け止め対策は、まず日焼け止めの使用期限や効果について知る事から始めたいと思います!

 
スポンサードリンク

日焼け止めの使用期限はどのくらいなのか?

まぁ当然といえば当然ですが、使用期限はありましたね。
日焼け止めのタイプによって使用期限がかなり異なりますので、タイプ別に紹介していきますね。

クリーム・ミルク・ジェルタイプ

外出する前の支度でする日焼け止めとして、いちばん選ばれているのはこれらのタイプなのではないでしょうか?

私は、顏はクリームタイプ・体はミルクタイプの日焼け止めを好んで使っています。忙しい時もパパッと塗れるのが嬉しいですね。

これらクリーム・ミルク・ジェルタイプの使用期限は、未開封なら3年・開封済みなら1年以内というのがほとんどです。

1年以内か・・よし!私が残した日焼け止めはまだ使える♪

スプレータイプ

スプレータイプの日焼け止めは外出先で塗り直す時にすごく重宝しますよね。

化粧の上からもシューッとできるし、髪の毛の日焼け止めとしても使いやすく便利なので夏はバッグに1本は必ず入れています。

スプレータイプの使用期限は未開封・開封済みに関わらず、製造後3年とされています。
経済的で嬉しいです♪

オーガニック・無添加タイプ

防腐剤や殺菌剤を含まない日焼け止めですが、私が若い頃より需要がすっごくあるのですね。お値段がお高めなので試供品でしか使った事がないのですが、自然な香りがさりげなくしてきて心地よかったのを覚えています。

このタイプの使用期限は未開封なら1年以内・開封済みなら半年以内が目安になっています。短い(゚Д゚;)

日焼け止めの使用期限の違いって?

この日焼け止めの使用期限の違いはどこにあるのでしょうか?
それは日焼け止めに使われている防腐剤がポイントとなっています。

日焼け止めは開封すると必然的に空気中に含まれる雑菌にさらされる事になります。
その雑菌によって日焼け止めの品質が落ちるのを防ぐのが防腐剤の役目なのです。

その役目を働かせる期限が1年以内なのです。

スプレータイプにも防腐剤が含まれているのですが、雑菌に触れにくい構造になっている為に製造後3年となっているのです。

だから防腐剤が含まれていないオーガニック・無添加タイプは、使用期限が短くなっているのです。納得ですね!

 
スポンサードリンク

効果はどうなるの?

使用期限はわかった!
でも効果も変わらないの?使用できるとしても効果が落ちたり、無くなっていたら意味がありませんよね。

そこで調べてみると、正しい方法で保存していると効果は変わらない事がわかりました!昨年の日焼け止めが使える上に効果も変わらないなんて、家計を預かる主婦としてはありがたい事です!

が、正しい保存方法って?

それは昨年から使い残した日焼け止めを、直射日光を避けて常温で室内に保管する事です。

大体ドレッサーの中や洗面台に置いている人が多いでしょうから、そんなに特別な保存方法ではないのではないでしょうか?

私の母は、基礎化粧品関係は何でもかんでも冷蔵庫に保管するする習慣があるのですがNGでしたね(;^ω^)ズボラな私の方が正解でした!

肌の弱い人が注意すること

私は肌が強い方なのですが、主人はとても敏感肌なのです。使用期限内といえども、敏感肌の人も大丈夫なのかなぁ?と疑問は次々と出てきます。

結果としては、保存方法に関わらず日焼け止めの状態をしっかりと確認する事が大事だと解りました。

正しい保存方法をしていても出した時に透明な水っぽい液体が最初に出てきたりと容器の中で成分が分離していたり、変な臭いがしていると日焼け止めが変質している可能性があります。

もしかしたら蓋がきちんとできていなくて、空気中の雑菌に長期間さらされたのかもしれません。

通常通りの状態である日焼け止めなら、敏感肌の人も使用しても問題はないでしょう。しかし日焼け止めが変質していると、敏感肌の人は絶対に使用を避けた方がいいでしょう。

思い起こせば日焼け止めの変質だと知らずに、成分が分離している日焼け止めを使用した事があります・・。

確か頬骨あたりの肌が荒れて、赤くなった覚えが。肌が強い方の私でさえも荒れたのですから、敏感肌の人は使用期限内であっても使おうとしている日焼け止めの状態を必ず確認して下さい。約束ですよ!

さいごに

日焼け止めの使用期限については理解してもらえましたでしょうか?
日焼けから肌を守るつもりで、肌を荒らしては本末転倒です!

今すぐに手元に残っている日焼け止めの状態を確認してみて下さい。私も肌の強さを過信せずに、しっかりと確認してから使いますね♪

日焼け・美白についての関連記事を紹介!

Return Top