ひまわりの散歩道

日焼けで顔が赤い!ヒリヒリと痛い時の対処と美白ケアのポイント

日焼け止めクリームを塗ったのに・・日焼けで顔が赤くってヒリヒリと痛い(泣)
どんだけ強いのよ、、夏の紫外線。。

日本はいつから熱帯地域になったの?ってくらい、信じられない気温がテレビのニュースから流れてきますね。37℃って。。病気になるよ、、

家の中にじっとこもっていたいけれど、外出しなければいけない時ってありますね。
お仕事で、何時間も外にいなければならない事も・・

UVクリームをたっぷり塗って、帽子もかぶっていたはずなのですが、汗をかいたせいか、、顔が日に焼けて、頬がヒリヒリ状態になりました。家族からも、「顔が異常に赤い」と言われてしまいました。触ると熱い感じです。

たかが日焼け・・と思っていたのですが、夜には顔が熱くてヒリヒリと痛みもあり寝付けなくなってしまいました。

慌てて小さな保冷剤をハンカチで包んで頬に乗っけ、なんとか寝ましたが。。
このまま皮膚が炎症を起こしてシミや傷にならなったらどうしよう。。美白効果が出るケアはどうすればいいんだろう。。

そんな悩みから、ドラックストアに駆け込んでいろいろと試した私の体験を紹介したいと思います。

一般的に言われている「日焼けには保湿」これが正解!!

でも、保湿のやり方を間違えてしまうと、逆に肌に負担がかかって、シワシワの肌になってしまうこともあるので、、ホント注意しましょう!!!

この日焼けした顔の赤みとヒリヒリとした痛みを取る方法を紹介していきますね。

 

日焼けして顔が赤くなってしまったらやること!

日焼けで真っ赤になった顔の熱を取るために、まずはとにかく冷やすこと!

日焼けをして赤くなっているというのは、ほぼ「火傷」に近い状態になっています。
まずは、火照りをしずめましょう!

・いつも使っている肌にあった化粧水と乳液でやさしく肌を整えた後は、ハンカチ等でくるんだ保冷剤などで冷やしましょう。

・肌がすごく敏感になっているので、使ったことのない化粧水などを使うのは注意が必要です。

・「火傷にはアロエがいい」と昔母に聞いた事があったので、アロエクリームで保湿を使用とドラックストアで購入して使ってみたら、、顔には負担があったようで逆にヒリヒリとしてしまいました(泣)(※化粧品ではないので顔には塗らないほうがいいです・・とありました)

▼ 火傷にいいと言われるアロエクリームを塗ってみたり・・

・日焼けといえば、カーマインローション?
という事で、昔を思いだし資生堂の同系列のローションを買ってみました。

昔はカーマインローションといいましたが、
今は、アトメディックローションという資生堂の収れん効果のあるパウダー入りローション。。顔が白くなります(^^;

これを使ったら、日焼けした熱をもった肌が収まってきました!
やったー!と思ったら、これは、収れん作用があり、皮膚の消炎をしてくれ赤味も取れたのですが、肌をバッチリ乾燥させてしまうので、、40代には肌がシワシワになりそうです(泣)

で、一番良かったのが、

今まで使っていた化粧水をたっぷり使い、保湿効果の高い乳液やクリームで保湿する!
という単純な事でした。

そして、その後に、保湿効果のあるパックを毎日5日くらい連続で使っていたら、顔の痛みはもちろん赤みも収まって、肌の状態も良くなってきました^^

▼ 日焼けした肌には何よりも保湿が重要だと思いしりました!

今では、肌の調子に合わせて、のんびりとリラックスしながら、いろんなパック剤を試して楽しんでいます^^

夏の陽射しは甘くみてはいけませんね。
40代を過ぎると紫外線はすぐにシワやシミが出来てしまいます。

日焼け止めはもちろん、日焼け後のケアも忘れずにがんばりましょう~!
スキンケアの方法など情報も、若い頃とは違うので、私みたいなトンチンカンなケアで肌を傷めないように用心しましょうね(^^;

 

モバイルバージョンを終了