Read Article

飛蚊症の原因はストレスだった?!私の場合(^^;

視界の中に小さくて黒い物がチラチラと見える・・そんな症状が気になっていませんか?
目にゴミが入ったのかと洗ってみても取れないし、傷が付いた覚えもない。

それ、飛蚊症かもしれませんよ!
読んで字の如し、視界の中に常に飛んでいる蚊のような物が見える症状ですね。

 
飛蚊症には生理的飛蚊症・眼病的飛蚊症がありますが、今回は私が経験した生理的飛蚊症についてお話させていただこうと思います!

あなたが気になっている事、解決していきますよー!

 
スポンサードリンク

飛蚊症の原因はストレスなのか?

そう!!
飛蚊症の原因としてストレスは大いに関係があります。

なぜ飛蚊症という症状が表れるのか・・

 
それは人間の眼球の中は『硝子体』という透明なゼリー状のようなもので満たされているのですが、その硝子体に濁りが出来た事で黒い物がチラチラ見えるのです。

硝子体の中に活性酸素が多く発生することで濁りが生じるのですが、その活性酸素が多くなる原因がストレスなのです。

通常は活性酸素が発生しても酵素が分解してくれるので問題はないのですが、酵素の分泌が減少すると分解が追い付かず飛蚊症を発症してしまうのです。

 
もちろん、ちょっとストレスを感じたぐらいでは飛蚊症を発症することはありませんよ!

ですが『塵も積もれば山となる』と言われるように、ストレスが溜まり過ぎたり、ストレスに目の疲れ・加齢などの生理的な原因が複合されたりすることが怖いのです!

 
ストレスといえば「あ~イライラする(--〆)」という感じぐらいに受け止めている人が多いのですが、実はストレスというのは目に見えない体の中でたくさんの影響を与えているのです。

sutoresu

普段は身体を生成する色々な物質が、絶妙なバランスを取っている為に健康な生活を送れているのです。しかし先に書いたように酵素の分泌が減少したり、自立神経が乱れたりするとバランスは途端に崩れていきます。

 
初期の内にストレス解消でも出来れば大きな影響もなく、すぐに身体のバランスも戻るでしょうが・・このストレス社会では、なかなか難しい問題ですよね(>_<) しかもですよ! 視界の中に常にチラチラと黒い物が見える状態になると、その症状がまたストレスにもなるのですから”(-“”-)”

 
では飛蚊症はどんな症状なのか見ていきましょう。

飛蚊症の症状について

私が気付いたのは、晴れた明るい空の日の公園で子供と遊んでいた時でした。

視界の端っこの方に何か虫のようなものが見えたのです。最初は本当に虫が顔の周りを飛んでいるのかと手で追い払っていたのですが「何か違うなぁ」と感じました。

 
常に同じような位置にいる虫なんていないよね・・
目玉をキョロキョロしてみても、ずっとついてくる黒い浮遊物

次に考えたのが、ゴミですよね。
眼球にゴミが張り付いたのかと、公園の水道で目を洗ってみました。

いつもならお化粧が落ちるのでしないのですが、その日はどうしても気になったので洗ったのですが取れませんでした。これが飛蚊症だったのですね(/ω\)

 
私の場合は黒い点のような物だったのですが、他にも糸状・小さな輪・黒ではなくて半透明な物など人によって見える物も違うのです。

黒い浮遊物は解りやすいと思うので、半透明の浮遊物の画像を付けておきますね!

飛蚊症の写真

実は私・・それでも何日かしたら勝手に治るだろうと放置していました(-_-;)
それも2週間!

悪化したり他に体調不良が起こる訳ではなかったのですが、段々と視界に入る浮遊物にイライラが増してきたので仕方なく眼科医へ行きました。

 
実は視界内にイライラする浮遊物が見えるだけで済む症状ではなかったのです。
このまま放っておくと、じわじわ悪化して後部硝子体剥離・網膜裂孔にまで進んでしまうこともあるそうです( ゚Д゚)

 
それでは眼科医ではどんな治療をするのでしょうか!

 
スポンサードリンク

飛蚊症はどんな治療をするのか?

いちばん最初に書いたのですが飛蚊症には生理的飛蚊症・眼病的飛蚊症があるのですが、今回の飛蚊症の原因がストレスである生理的飛蚊症は病気として認められていないのです。

ストレスって人によって漠然としていますよね。
ですから治療法も確立されていないのです。

 
私が病院で処方されたのは炎症を抑える目薬だけでした。
ですが、日頃の生活については細かく指導されました。

これ以上活性化酸素を増やさないよう紫外線を避ける為に、晴れた日中はサングラスをかけテレビやパソコンは禁止(でもテレビは見てました(-_-;))

 
食事面では活性化酸素の栄養となるたんぱく質や脂質の制限をされました。活性化酸素を分解する酵素を多く含む食品である山芋・納豆・大根おろし・味噌・醤油を塩分に気を付けながら、積極的に摂るようにも言われました。

料理が得意ではない私からしたら、理想的なレシピも欲しかったところですが(;’∀’)

頑張って食事と日頃の生活を見直し始めて、3週間程で浮遊物は薄くなってきて5週間目には消えていました。根本であるストレスを元から解消する為に、夫婦で話し合いもしましたよ(^_-)-☆

さいごに

その頃の私のストレスは、ありがちなのですが・・
家事・育児・仕事の全て私が背負っていたことにあります。

高校・中学・幼稚園に通う子供達の行事の管理や役員、洗濯・食事・掃除、そんなタイミングで任される責任&やりがいのある仕事・・。

なるべくしてなった飛蚊症という感じですね(;^ω^)

飛蚊症の原因にストレスが大きく関係することだけは認識して下さい!
少しでも気になったら、悪化する前に眼科で受診して下さいね♪

■ 関連記事
飛蚊症の治し方!ブルーベリーってホントにいいの?!
 
スポンサードリンク

Return Top