Read Article

ハロウィンの由来を子どもにどう説明する?!ポイントをチェック!

ここ数年の間に、もっとも有名になり誰もが参加しやすくなった行事と言えば「ハロウィン」を置いて他にはないでしょう。

ハロウィンの由来を子供に!

テーマパークで行われるイベントや、クラブのイベント、今では街中でも当たり前のように見ることができるようになったコスプレ、限定のスイーツを食べる、ハロウィンへの参加の仕方は様々あります。

お子さんと一緒に、仲間で集まって、家族水入らずで「ハロウィンパーティ」をするのも楽しそうですね。

 
コスプレをするのは恥ずかしい気もするけれど、ニュースなどでも毎年取り上げられているように、ハロウィン当日の「渋谷」ではコスプレをしていない人の方が少ないくらいなんです。

ハロウィン仮装への道!!今年はコレ♪

だから恥ずかしがっていたら損!
家族みんなでこのお祭りを楽しんじゃいましょう v(≧∇≦)v

 
さて、数年で加速度的に浸透した「ハロウィン」ですが、「ハロウィン」とは一体なんの行事なのでしょうか?

このカタカナの行事は、日本人の私たちにとっては、馴染みの薄いものでした。
カボチャのランタン、お化けのコスプレ、「トリック・オア・トリート」、断片的に知っていることはありますが、そもそもの由来やなにをすればいいかはいまいちピンときません。

子供たちにどうやって説明する?と考えても、まったく思い浮かばないのが実際です。

 
そこで、今回は「ハロウィン」についてリサーチしていきたいと思います!

 

ハロウィンの由来は?

ハロウィン ( Halloween ) とは、
カトリックの「諸聖人の日」である11月1日の前日に行われる、秋の収穫を喜び、悪霊などを追い出すために行われた、宗教的な意味合いの強い行事でした。

ハロウィンのトリックオアトリート

これが現在では、

本場である海外でも宗教的な意味合いが薄れ、カボチャをお化けの顔のようにくり抜いたジャック・オー・ランタン ( Jack-o’-lantern )を飾り、子供たちが仮装をして町を練り歩くイベントのようになっているそうです。

楽しそうにお菓子を食べている子供たちを見たら、悪霊もきっと逃げてしまいますね!

トリック・オア・トリートの意味は?

日本では「コスプレをする若者の祭り」というイメージがあまりにも強いため、一般的に定着していませんが、海外では子供たちが近所の家々を回り、「 Trick or treat!(お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ) 」と言いながら、沢山のお菓子を回収して回るという子供たちが主役のかわいらしい行事です。

ハロウィンのお菓子

お菓子をあげなければ本当にいたずらされてしまうので、みなさんも子供たちに「トリックオアトリート!!」と言われたら、持っているお菓子をあげるのが賢明かもしれません。

ヨーロッパやアメリカなどの実例では、お菓子をあげなかった報復として玄関のドアに卵を投げつけられたり、生クリームでデコレーションされてしまったりするそうです。

子供お化けちゃんたちが怖いので、10月31日はいくつかチョコや飴玉をポケットに忍ばせておくといいかもしれませんね (*´∇`)

子供たちに「ハロウィン」を教えてあげよう。

簡単に説明するために、いくつかポイントを押さえたいと思います。
これだけ知っていれば楽しく「ハロウィン」を迎えることが出来るはずです。

☆ハロウィンは10月31日に行われる、秋の収穫と、お化けの退治をするお祭りです。

カボチャを使ってお化けを退治します。沢山たべたら強くなれるよ!

みんなでいろいろな仮装をして近所の人にお菓子をもらいに出かけます。

お菓子をもらうときは「トリックオアトリート」と言うと、大人はお菓子をくれます。

お菓子をもらえなかったらいたずらしちゃえ。

家族でそろえた仮装をしてみても楽しいかもしれませんね。

今年は、子供たちと一緒に、
楽しく、元気よくハロウィンを楽しんでみてくださ~い\(^o^)/

⇒かぼちゃの栄養をチェック!美味しい上に美容効果もあるってホント?!

 

Return Top